素材で飛ばす。機能で飛ばす。それが飛距離の秘密です。
ルイスビルスラッガーはバットの固さで打球を飛ばすものではなく、アルミ素材自体の反発性能と独自の機能構造で飛ばすという考え方により開発しております。その違いを確かめてください。

AIR
30気圧の窒素注入バッグを室に分けて内蔵、ボールの衝撃をそれぞれのパックに集中させることにより、トランポリン効果を3倍、さらに早く復元されることに成功しました。ルイスビススラッガーの画期的な発想です。

CVLTMロード
バットの先端内に円錐形のアルミキャップを装着することにより、トップミドルバランスでありながら、ヘッドがきく設計になっています。

パワーエンド
バット先端内に特殊ゴム材を注入し遠心力がつくようになっており、素材の反発性を生かす機能です。

XXL二重管構造
極薄い2つの素管が抜群に調和し、それぞれのトランポリン効果(跳ね返り反発力)によりさらに飛距離を向上させます。今までにない飛距離と耐久性はすでに実証済みです。

プロカップエンドキャップ
空気抵抗を軽減させ、バットスピードがつきやすい設計になっております。

ショットビーン加工
バット表面に極小起伏処理をしており、ボールがバットに当たる際に大きな磨耗が発生、これが飛んでいくボールによりスピードを与えています。打感のよさも好評です。

行くぜ!はルイスビルスラッガーを応援します。
このページはLouseville Slugger Japanの許可を得て公開しています。