日米のプロ野球の用具に対する考え方の違い
アメリカ大リーグでは、メジャーリーグで70%の選手が、マイナーリーグでは90%の選手がルイスビルスラッガーのバットを使っています。
これは目の肥えた大リーガー達が選んだ究極のバットだからです。
ではなぜ日本のプロ野球選手はルイスビルスラッガーのバットを使っていないんでしょう!?
その答えは、日米間の道具に対するメーカーや選手達の習慣の違いによります。
 日本の野球用品メーカーは宣伝の為にほとんどの選手や球団に無料で道具を渡し契約をしてもらっています。
 大リーグの選手達は自分の目で選んだ道具を球団や自分達の給料で購入します。それはそういう習慣なのです。
 大スターのアレックス・ロドリゲスやケン・グリフィーJrも同様です。
ルイスビルスラッガー社は宣伝では無く、本物を作る事で全世界のベースボーラーやソフトボーラーを応援しています。
いつか日本のプロ野球も本物を扱えるようになる事を願ってやみません。
そんな誠実なルイスビルスラッガー社に行くぜ!管理人は共感し、共存して行こうと思います。
行くぜ!はルイスビルスラッガーを応援します。